キャッシングをアルバイトが利用するには

10月 24th, 2014

最近の働き方としてアルバイトで生計を立てているかたも多く、その人たちがキャッシングをしたいと思ったとき、利用することができるのでしょうか。
消費者金融でキャッシングをするときの条件として「年齢が20歳以上であること」「一定した収入が有ること」となっています。
一定した収入は会社勤めをしていて毎月の給料がはいることと思われがちですが、パートやアルバイトの収入も一定の収入と認められるので、アルバイトをしているかたも利用できますが、総量規制の制限から融資限度額は年収の3分の1以内と制限されているため、収入に応じた融資限度額となるので希望通りの融資を受けることは難しいかもしれません。
キャシングをはじめるとき、審査を受けることになりますが、アルバイトの人が審査に通りやすくするために何点か気を付けなければならないことがあり、融資をする側から見ればアルバイトの年収が把握しにくく、融資をしても返済能力があるのかといったところに判断がしにくいといったことから審査に通りにくいと言われています。
金融会社のおまとめローンの審査は申込者に返済能力があるかどうかを知ることが重要なポイントになり、同じところで長く務めていれば属性は高く評価されますが、短期間に勤め先を変えていると収入も不安定になったり、バイトが続けられなくなったとき、貸し倒れになることを心配し、融資が受けにくいと言われています。
キャッシングはアルバイトも利用できるので、最初からあきらめず「借入診断」などを利用して融資を受けられるかどうかの診断をしてみるのもひとつの方法といえます。

総量規制外のローン申し込み前に検討すること

10月 12th, 2014

総量規制外のローンを利用する場合でも、総量規制の金額を目安に限度額設定をすることをおすすめします。年収の3分の1までの金額が総量規制の金額となります。この金額であれば、返済できないような債務にはならないとして貸金業者での借り入れの際には厳密に守ることを決められています。
この金額では十分ではないと考えて、総量規制外の銀行の借入に申し込むことが多いかもしれませんが、あまりに限度額を大きな金額に設定してしまうと借り過ぎになる恐れがあります。
貸金業法改正前のような多重債務に陥る恐れはなくなっているとはいえ、ラクに返済できる範囲を大きく超えて利用してしまうと、返済不可能になってしまう可能性があるのです。
借り入れしている残高に応じた最少の返済額がカードローンなどでは決まっています。大きな金額を借りる事は、自ずと毎月の返済額が大きくなるということになるのです。返済は最初の段階ではそれほど大きな負担だとは感じないかもしれません。しかし、返済期間が長引けば少額であっても必ず返していかなければならないのは、徐々に響いてくるのです。
借入額を小さくしておくと、それだけ毎月の返済額も抑えることができます。また、一括返済などによって完済しやすくもなるでしょう。借り入れする額はできるだけ低くすることで、負担を減らすように心がけましょう。
どうせ借り入れするのだから、大きめの金額を借りておけばよいと考えてしまうかもしれませんが、借入額は絶対に少なければ少ないほどよいのです。申し込みの前に少しでも抑えることができないかを十分に検討してみましょう。

銀行カードローンは総量規制対象外、収入を証明することは銀行判断に任される

10月 9th, 2014

貸金業法の一つに総量規制がありますが、銀行は貸金業ではありませんので貸金業法ではなく銀行法によって管理されています。
そのためフリーローン 総量規制のように法律によって決められた貸付上限はなく、その銀行が独自の基準で判断することとなります。
これは収入証明についても同じことです。
総量規制では収入証明書類提出を取り決めています。
銀行の場合、収入証明書類の提出は銀行に判断を任されています。
楽天銀行では借り入れ金額が200万円以内の時には収入証明書類は必要ありません。
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック、みずほ銀行カードローン、住信SBIネット銀行ネットローンでは100万円以内の借り入れ金額の時には必要ありません。
オリックス銀行カードローンは300万円の借り入れ金額まで収入証明は不要となります。
一方で初めの申し込み時から収入証明書類が必要な銀行も多くあります。
このように見ただけでも収入証明書類のタイミングが変わってきます。
即日融資を受けるときには必要書類を必ずそろえなければなりません。
本人確認書類としては運転免許証で充分となっていますので用意することに面倒はないでしょう。
ところが収入証明書類となれば簡単にはいかないことがあります。
源泉徴収票が基本ではありますが即日に用意できないこともあるでしょう。
その時には直近2か月分の給与明細と1年分の賞与証明が必要となりますが、これもまた手元に保管しているとは限らない書類です。

簡単にお金を借りるには

10月 1st, 2014

お金を簡単に借りる方法として、消費者金融や銀行ローンは申込も簡単で短時間で審査が終わり、最短その日のうちにお金を借りることができます。
消費者金融のキャッシングや、銀行カードローンは銀行の住宅ローンやマイカーローンのように担保や保証人は不要で、本人の信用度だけでお金を貸すので担保もいらず、保証人を誰かにお願いするといった面倒なことをする必要がありません。
住宅ローンのような目的ローンは一度融資を受けると返済のみで、新たに融資を受けるときは再度申込をしなければなりませんが、消費者金融や銀行カードローンは融資限度額が決められるとその範囲内であれば何度でも借入れができるといった利便性があります。
簡単にお金が借りられるということは、うまく使えば日常生活でプラスになりますが、毎月の生活費が足らないといったときに利用すると、一時的にはプラスになるでしょうが返済を続けなければならないのでさらに生活が苦しくなることもあり、返済ができなくなったため、新たな借入をしなければならないことになってしまうと借金生活から抜け出せなくなってしまいます。
お金を借りれば当然返済しなければなりませんが、借りるにしても自分の生活状況に応じた範囲内の利用を心がけ、これくらいならなんとかなるだろうといった安易な考えをせず、返済シミュレーションなどを使って無理のない返済計画を立てることでいざというに利用できる便利なツールになると思います。

今すぐ融資希望、その金額はいくら?

8月 9th, 2014

今すぐ融資を希望している、その金額はいくらでしょうか。
即日キャッシングができる先があるとはいっても金額が大きくなればなるほどにその可能性は低くなります。
借入希望金額が大きくなるとそろえなければならない必要書類が増えることと同時に審査も厳しく行われることになります。
また借り入れたい金額によっても借り入れ先は変わってきます。
突発的に、そして一時的に必要な金額であればそれほどの大きな金額ではないでしょう。
数回程度の返済で完了するような金額が本来は望ましいものです。
基本的に30万円以上の金額を今日借り入れをするのは難しいと考えておきましょう。
一般的な金融業者では紹介融資限度額は30万円ほどとなっています。
業者によって平均貸出額には違いがあり28万円、27万円などとなっていますがそれでも30万円程度であることは一般的となっています。
これは消費者金融でも銀行でも同様です。
銀行は借りることができる金額が多いとイメージがあるかもしれません。
ところが初回限度額に限っては変わりがないことになります。
信用というのをご存知でしょうか。
金融業者における信用とは「確実な返済」です。
信用があって初めて大きな金額を貸し付けることができます。
そのため初めての申し込みでは当然返済が一度もないものであり、信用が築けていません。
返済をしていくことで増額という手段が初めてでてきます。
初回融資限度額が高くは設定されることがない理由はそこにあります。

年収が一般的なのであればレイクやバンクイックなどの金融業者を利用する

5月 25th, 2014

年収が一般的な場合、低所得世帯などが利用する生活福祉資金貸付制度を利用することができません。
一般所得では借り入れ先はレイクやバンクイックなどの金融業者から選択することとなります。

年収が一般的、というのはどんなことを指しているのかと言えば分りやすいところですと非課税世帯ではない、といえるでしょう。
しかし年収が平均的だったとしても家族構成や家庭の状況によっても支出の割合が変わってきます。
年収300万円でも年間の支出が多い人もいますし少ない人もいるということです。
そのため、このくらいの収入があればここを利用した方がよいという明確な金融業者の名前を挙げることはできません。
利用する状況によって借り入れ先を変えたほうがよいと言った方が適切になるでしょう。

その都度借り入れ先を変えることは難しいものになりますので、最初の借り入れ先を今後も借り入れがあるとすれば引き続き利用する形が一般的です。
例えば最初にバンクイックを選択したのであれば次に借り入れが必要なときにもバンクイックを利用するということ。
すでに契約をしておりカードが手元にありますので改めて他を契約する必要はないことになります。

そのようにして考えてみるとどうでしょうか。
一回の借り入れだけではなく今後も利用するかもしれないことを視野に入れた最初の金融業者選びになります。
出来れば借り入れはしない方がよい、それはもちろんでしょう。
しかし、ピンチを借り入れによって助けられることがあることもまた事実です。

家族に秘密でキャッシング

4月 28th, 2014

家族に秘密で総量規制対象外のキャッシングを利用していた女性のお話です。

彼女には旦那さんがいて、子どもも小学生の子が2人、それでいてパート勤めをしている、どこにでもいるようなごくごく普通の主婦でした。
しかし、彼女は実は某アイドルの大ファンでもあり、結婚前まではそれこそ各地のライブを回るような、追っかけと呼ばれるような女性でした。

結婚した今でも、やはりアイドルは好きで、テレビやネットでライブの情報を見かける度に、「私もまた行きたいなぁ……。」と思っていました。
しかし、旦那さんや子どもの手前、そのために家を空けるということは難しく、そもそも子どもたちも育ち盛りで出費も多く、ライブに当てるような貯金はありませんでした。

それでもやはり、ライブに行きたいという気持ちは抑えられず、同じくアイドルファンであるママ友に相談したそうです。

するとその友人は、なんと今でもたまにこっそりライブに出かけているというのです。
女性もその友人も環境はそんなに変わらないはずなのに、なぜそんなことができるのか聞いてみれば、パート代で楽に返済できる程度の少しばかりのお小遣いをキャッシングで借り入れているとのことでした。

最近では女性向けのキャッシングも多く、家族に秘密でできるようなサービス体制も多いそうで、彼女は早速、友人にキャッシングのやり方を教えてもらい、今では家族に秘密でこっそりとライブに出かけているそうです。

残高照会の方法はアコムには3種類ある

4月 9th, 2014

残高照会をすることができる方法はアコムには3つあります。
・会員サービスからの残高照会
・アコムATMからの残高照会
・音声自動応答システムの電話から残高照会

この中で一番手っ取り早く利用することができる残高照会と言えば会員サービスからの照会でしょう。
残高期日照会という項目で確認することができます。
フリーキャッシングとなるカードローン、もしくはクレジットカードのキャッシング枠。
そしてクレジットカードのショッピング枠。
この二つに分かれて残高期日照会を確認することができます。
つまりフリーキャッシングであるカードローンとクレジットカードのキャッシング枠は同じ項目として扱われています。

●カードローン(キャッシング)
・次回返済期限と次回返済金額
・利用可能金額
・残債務合計
・貸付金残高
・利息
・遅延損害金
・無利息残高
・ATM利用手数料

●ショッピング
・次回返済期限と次回返済金額
・利用可能金額
・残債務合計
・新規利用残高
・手数料発生日
・リボルビング残高
・手数料
・期日後手数料
・無利息残高

これだけ詳細な現在の状況を会員ログインで確認することができます。
注目しておきたいのは本来利息や手数料になりますが、やはり急なキャッシングに備えても残高は気になるところでしょう。
利息は自分の返済額の中からどのくらいが利息に充当されているのかを確認するためにも見ておくことをお勧めします。
債務の状況を把握すること、これはキャッシングやクレジットの基本であると覚えておきましょう。

プロミスで返済をする

4月 8th, 2014

プロミスの返済はとても簡単で、初めてのカードローン利用者や女性や年配の方でも、すぐに使いこなす事が出来るでしょう。最もオススメの方法は、インターネットからのweb返済という方法です。ネットバンキングを用意しておけば、携帯やパソコン、スマートフォンから簡単にお金を返す事が出来るのです。

三井住友銀行で口座をお持ちの方は、ぜひインターネットで使えるように申し込みを行っておいて下さい。ネットバンキングの口座を保有しておけば、24時間いつでも好きな時にお金を借りたり、返す事が出来るからです。出先や旅行先でも、すぐに手続きが完了します。

また、普段からあまりパソコンや携帯、スマートフォンを使う機会が少ない、ネットに慣れていないという方は、全国のお客様サービスプラザを利用する事をおすすめします。もちろん、有人店舗である「プロミス自動契約機」でも、返済手続きを(手数料無料で)行えます。

しかし、有人店舗のプロミスお客様サービスプラザの方が、サロンのような優雅なフロアで、安心して返済手続きを済ます事が出来るでしょう。無料のドリンクサービスを行う所もあるので、買い物や外出のついでに利用すると大変便利です。ちょっとした休憩のついでに、お客様サービスプラザを利用しても構いません。単なる返済手続きもプロミスなら楽しん出来るでしょう。この他にも、口座振替などの手続きをすませておけば、毎月忘れずに返済をする事が可能です。

すぐに借り入れできるの?

2月 13th, 2014

「給料日直前でお金が手元にない」、「明日、家賃の引落なのに口座にお金がない」そんな急を要するときに、すぐに借り入れできるのでしょうか。答えはできます。即日審査、即日融資をしてくれる金融会社は増えています。

まず、お金を借入したいと思ったときは、キャッシングの申し込みをしましょう。銀行や消費者金融のカードローンは、即日審査、即日融資に対応しています。申し込みは窓口や無人契約機、インターネット、お電話などから申し込み可能です。

申し込みの際は本人確認書類を用意しておくと容易でしょう。また、インターネットであらかじめ申し込みだけしておけば、窓口や無人契約機でスムーズに手続きができます。申し込みから審査回答までは最短で30分のところもあります。

審査の結果、融資可能と判断されれば、その場でカードが発行されます。カードが発行されればすぐに借り入れすることが可能です。多くの場合、自社ATMや提携先のATMで借り入れができます。また、インターネットから振込で融資も可能です。